• トップ

自動車の運転はマナーを守る

自動車の運転をする上で守らなければならないのはマナーです。交通ルールを守ることは当然ですが、たとえ法律に違反するものではなかったとしても、公道を走っている他の車や歩行者のことを考えて運転しないと、事故のもととなります。例えば、自動車を不必要な幅寄せしたり、クランクションを頻繁に鳴らすというのは、他の車や歩行者に対して行うべきことではありません。それでトラブルになることもありますから、マナーを守るうえでは他人に配慮する必要があります。その他、例えば、交差点を曲がる際に横断歩道を渡る歩行者がいる場合には、先に歩行者を通して自分はそのあとに曲がるようにした方が良いです。確かに急ぎたくなる気持ちはあるでしょうけど、自動車がマナーとして横断歩道を歩く歩行者に先にわたるのを譲らないと、渡り切るのは難しくなってしまいますし、後続車が続いて曲がっていけば、余計にわたるのは難しくなってしまいます。マナーを守らないことで、不要な交通事故を誘発する危険がありますし、それによって不利益を被るのは自分です。他人にとっても自分にとってもマイナスとなるわけです。そのため、自動車を運転するうえでは、マナーを守らなければなりません。

バックナンバー

↑PAGE TOP